至高の実用スポーツ自転車TB1 ダブルライト改造編

至高の実用スポーツ自転車TB1 改造 ダブルライト改造編

標準のライトの実用性は十分(結構明るい)のですが、街路灯が無く暗い堤防沿いの道を夜走ると頼りなく感じます。対策として、ライトを追加、標準と異なる広く照らす分散型のライト(形状が丸っこい)を追加します。ホイールダイナモがあるので、電気を分配してオートライト2灯にします。

 

NSKL135はパナソニック製でママチャリのLEDオートライトとして、多機能、強力な光量、廉価という理由で選びました。

 

センターフォークブラケットは、設置に隙間ができにくく干渉もなく問題なしでした。

作業としては、写真の様な分岐ケーブルの製作が右のみ必要です。かしめ経験があれば簡単にできます。端子(110、187型)とケーブルはカー用品店(オートバックス)、かしめ工具はダイソー等で手に入ります、スペーサーのボルト、締め用の工具など必要。配線は、直列だと標準ライトが点灯しません。並列だと両方点灯しました。仕様として、低電圧ダイナモ(標準)に、低電圧ライト(標準、このため市販で同様のものが売っていない)、追加で6VオートライトNSKL135という動くのか心配になる感じですが実際に問題なく動いています。

詳しい接続の問題として、ダイナモJ2、標準ライトJ2、追加ライトJ1という2線式と1線式の混在ですが、J2ダイナモは、J1ライトで使えますので問題ありません。J2ライトのマイナスを普通に接続して、J2ライトとJ1ライトのプラスを分岐ケーブルで繋げるだけです。

ダブルライトになったことで、広範囲に照らせて中心部の照射が2重なので、夜の走行が楽、安全性も増して快適性がかなり上がりました。お勧めできる改造です。

端子について、大変参考になったサイト 

blog.kanazawacycleparking.jp

f:id:eokane:20220411215724j:plain

f:id:eokane:20220411215729j:plain

f:id:eokane:20220411215733j:plain

f:id:eokane:20220411215736j:plain